y.o.designers-works

WordPressのマルチサイトにベーシック認証をかける方法

WordPressでマルチサイトを作成したけど制作中や、特定の人にしか見せたくないときはベーシック認証をかける必要があります。WordPressでは「WP Basic Auth」や「Basic Authentication」などのベーシック認証をかけるプラグインがありますが、それらを使わずにかける方法があります。

FTPにディレクトリを作成する

ベーシック認証をかけたいマルチサイトのURLが例えば、「http://exemple/hoge/」というURLだとしたら、WordPressが設置してあるFTPのルートディレクトリに「hoge」というディレクトリを作成します。

FTPにディレクトリを作成する

次に、作成したディレクトリの中に「index.php」を設置します。このindex.phpは、ルートディレクトリのindex.phpをコピーしたものになります。

wp-blog-header.phpまでのパス

ここで注意したいのが、「wp-blog-header.php」までのパスになります。ルートディレクトリから1階層下の場所にあるので「../ 」をつけなければなりません。

.htaccessと.htpasswdを作成する

続いては、.htaccessと.htpasswdを作成します。この2つのファイルを作成するのに便利なツールの紹介と、フルパスの調べ方は前回の記事WordPressの管理画面にベーシック認証をかける方法を見ていただければと思います。

FTPに.htaccessと.htpasswdをアップする

FTPに.htaccessと.htpasswdをアップする

このように3つのファイルが作成したディレクトリに設置されていればOKです。

まとめ

WordPressのマルチサイトは作成してもFTPにはディレクトリは生成されませんので、自分でディレクトリを作成することがポイントになります。
この方法を使えば後からマルチサイトを追加した場合でも制作中のサイトにベーシック認証をかけれるので安心です。

スポンサーリンク

他にオススメな記事