y.o.designers-works

WordPressのURLをショートコードにしておく

WordPressで画像のパスを指定するときや、よく使うリンク先などはショートコードに登録しておくと管理がしやすくなり、文字数の軽減にもなるので便利です。

functions.phpにショートコードを登録する

functions.php


//TOPページ
add_shortcode('hurl', 'shortcode_hurl');
function shortcode_hurl() {
return home_url( '/' );
}

//月別アーカイブ
add_shortcode('arcive', 'shortcode_arcive');
function shortcod_arcive() {
return wp_get_archives( $args );
}

//カテゴリーアーカイブ
add_shortcode('cat_$id', 'shortcode_cat_$id');
function shortcod_cat_$id() {
return get_category_link($id);
}

//投稿タイプのアーカイブ
add_shortcode('post_$post_type', 'shortcode_post_$post_type');
function shortcod_post_$post_type() {
return get_post_type_archive_link( $post_type );
}

//親テーマ
add_shortcode('gtdu', 'shortcode_gtdu');
function shortcode_gtdu() {
return get_template_directory_uri();
}

//子テーマ
add_shortcode('gsdu', 'shortcod_gsdu');
function shortcod_gsdu() {
return get_stylesheet_directory_uri();
}

テンプレートファイルにショートコードを使用する


<img src="<?php echo do_shortcode( '[gtdu]' ); ?>/images/sample.jpg" alt="">

投稿・固定ページにショートコードを使用する

<a href="[hurl]">
<img src="[gsdu]/images/top.jpg" alt="">
</a>

WordPressの投稿や固定ページにはPHPの記述ができません。

まとめ

ショートコードを使用すると、効率よくWordPressの構築ができますね。

スポンサーリンク

他にオススメな記事