y.o.designers-works

WordPressの投稿・固定ページの拡張子にphpをつける方法

WordPressの吐き出すURLは、デフォルトのhttp://example.jp/?p=123といった形のものや、http://example.jp/slug/ のような形式の/(スラッシュ)で終了する形がよく使われています。
ですがとある案件で、投稿・固定ページの拡張子phpを付けることなった・・・
今回WordPressに移転するという形になったのですが元々は静的なphpファイルでページを作成されているものでした。
リダイレクトをかけるにしても同じURLにした方がSEO的にもよいのでその方法を覚書します。

投稿(single.php)ページの拡張子変更

パーマリンクのカスタム構造
パーマリンクのカスタム構造
  /%postname%.php
  /%category%/%postname%.php
  

パーマリンクをカスタム構造にし、上記のように”.php”をつけてあげればOKです。

固定ページ(page.php)にも拡張子をつける

functions.phpに記述

  function page_add_extension() {
  global $wp_rewrite;
  $wp_rewrite->page_structure = $wp_rewrite->root . '%pagename%.php';
  $wp_rewrite->use_trailing_slashes = false;
  }
  add_action( 'init', 'page_add_extension' );
  

管理画面でのパーマリンク設定だと固定ページには反映できないので 上記のコードをfunctions.phpに記述します。

まとめ

拡張子を.htmlにしたい場合は同じやり方で.php部分を変更すれば大丈夫です。
.phpの拡張子をつけるって事はあまりないかと思いますがそういう案件もごく稀にあるんだなと思いました。

スポンサーリンク

他にオススメな記事