y.o.designers-works

WordPressで各ページ毎のbodyにclassをつける

body_class();は、WordPressのテンプレートタグです。各ページの種類によって自動で class を割り当ててくれるとっても便利な機能です。 独自でWordPressテーマを作成しているのであれば、この body_class(); の使い方は覚えましょう。

header.phpのbodyタグに記述

<?php body_class(); ?>

これだけで、表示されているページの種類によってclassを付与してくれるようになります。

body_class();で表示されるclass名

  • ・rtl
  • ・home
  • ・blog
  • ・archive
  • ・date
  • ・search
  • ・paged
  • ・attachment
  • ・error404
  • ・single postid-(id)
  • ・attachmentid-(id)
  • ・attachment-(mime-type)
  • ・author
  • ・author-(user_nicename)
  • ・category
  • ・category-(slug)
  • ・tag
  • ・tag-(slug)
  • ・page-parent
  • ・page-child parent-pageid-(id)
  • ・page-template page-template-(template file name)
  • ・search-results
  • ・search-no-results
  • ・logged-in
  • ・paged-(page number)
  • ・single-paged-(page number)
  • ・page-paged-(page number)
  • ・category-paged-(page number)
  • ・tag-paged-(page number)
  • ・date-paged-(page number)
  • ・author-paged-(page number)
  • ・search-paged-(page number)

次の値の1つ以上がbodyのクラス名として書き出されます。

独自のclassを追加する方法

<?php body_class(追加したいクラス名); ?>

複数追加したい場合は、半角スペースで区切ればOKです。

まとめ

任意のページだけ背景色を変えたいなどのデザインの変更に使えます。

スポンサーリンク

他にオススメな記事