y.o.designers-works

ECサイトにおける売り場の『伝え方』と『見せ方』について

ECサイトの売り場はトップページ、特集・カテゴリーページ、商品ページ、コンテンツページの4つの要素で構成されます。
各ページの『伝え方』と『見せ方』についてまとめてみます。

1:TOPページ

まずTOPページですが第一印象で何を売っているのか、ショップのイメージを伝える大事なページになります。
全てのページの中で最もアクセスの数が多く、各ページへの導線を作る役割もあります。
見てほしいページ、コンテンツに誘導できるかも重要で、イメージの伝わりやすさ、誘導への工夫が大切です。

2:特集・カテゴリーページ

カテゴリーに属する商品や、季節商品、レコメンド(おすすめ)商品をまとめたページになります。
検索エンジンなどからの流入キーワードをある程度想定し、商品を掲載するので購買目的があるエンドユーザーを集める役割があります。

3:商品ページ

広告(リスティング)から誘導先になるランディングページになります。
トップページやカテゴリーページからの誘導もあり、最終的にエンドユーザーの購入を検討するページです。
また、商品ページの先にある「購入フォーム」「決済の手段」も重要な要素となります。

4:コンテンツページ

商品以外の情報を掲載するページになります。
お買いものガイドや会社概要、店舗紹介など、会社・ショップの信用力を高めエンドユーザーに安心に買い物をできる情報を掲載するページです。
検索エンジンに評価されやすい情報を作り、ショップへの導線を増やすコンテンツマーケティングの手法としても重要な役割があります。

まとめ

いくら魅力的な商品があっても見せ方が悪いと売り上げは伸びません。
他のショップと同じ様な商品を扱って差がつく要因は「見せ方」「伝え方」が重要になります。
まず土台としてトップページ、特集・カテゴリーページ、商品ページ、コンテンツページの改良をするのが売上アップの方法の第一歩となるでしょう。

スポンサーリンク

他にオススメな記事